2012年1月23日月曜日

Facebookの「Poke」と「あいさつ」

このエントリーを含むはてなブックマーク はてなブックマークに追加 Add to Delicious Bookmark この記事をクリップ! Googleブックマークへ追加 Digg

Facebookはもはや日本でも有名なSNSとなり、かなりユーザーが増えてきていますね。

ただ周りを見ると、使い方やツールの配置などでいまいち使い方が分からないところが多く、ユーザーは多いのですがまだほとんどのユーザーがすべての機能を使いこなせていないようです。

その機能の中に「あいさつ」という機能があります。


この「あいさつ」ですが、Facebookが日本語になる前までは「Poke」と書かれていました。
もちろん、Facebookの言語を英語にすると「Poke」になります。

この「Poke」の意味ですが、肩を叩くとかちょっと指でつつくとかちょっかいをする意味があります。
それに対して「あいさつ」というのは、おはようとか「やあ」などの意味ですね。

英語のPokeに対して適切な日本語が見当たらなかったので、あいさつとしているのかもしれませんね。
ただ、このニュアンスの違いにより相手から頻繁に返ってきたり、なかなか返って来なかったりするかもしれません。

日本語の「あいさつ」だと相手から挨拶されているので、返事を返さなくちゃいけないと思いますが、「Poke」の場合別に返さなくてもいいやという発想になる傾向が高いので、日本人が外国人に「あいさつ」を送ると外国人は「Poke」されたと受け取りので、なかなか返ってこない場合があるかもしれないので、注意が必要ですね。



1 件のコメント:

Stanley さんのコメント...

そう、そう![poke]と「あいさつ」の重さが違いますね。この間話したことですね!さすがに上手にまとめました。